DSG

見事な配合ダービースタリオンGOLD攻略

見事な配合について

種牡馬
繁殖牝馬
  • 種牡馬の上画像Aの4頭と繁殖牝馬の上画像Bの4頭が、同じ種類の系統で構成されている場合に成立する
  • クロスの効果を高め、インブリードによる気性、体質のマイナス影響を抑える
  • 「見事な配合」の対象系統に「12~15」が2種類以上ある種牡馬は、初期状態では成立が不可能
  • 同時にクロスを発生させないと成立させる意味が全くない

種牡馬の上画像Aの4頭の系統と繁殖牝馬の上画像Bの4頭の系統が、同じ種類の系統で構成されている場合に成立します。 効果は成立しているクロスの効果を高め、インブリードによる気性、体質のマイナス影響を抑えることです。 なので、同時にクロスを発生させないと、全く意味のない配合理論です。 また、初期状態では成立が不可能な種牡馬(ディープインパクト等)も数多く存在します。

「見事な配合」の効果を最大限に活かすには「効果的なクロスを2本以上+見事な配合」と考えて下さい。 そのためには、血統内に速力、短距離、底力などが2つ以上あり、上画像Aの4系統が「見事な配合」を成立させやすい種牡馬を選ぶ必要があります。 そして、その種牡馬とのクロスと上画像Bとなる4系統を考え、繁殖牝馬を生産する必要があります。

ですが、能力の高い種牡馬を選び、これを考えて繁殖牝馬を生産しようとすると非常に難しいです。 なので、どうせ難しいなら同時に「面白い配合」も成立する種牡馬を選び「完璧な配合」にしてしまった方が効果的かもしれません。 「完璧な配合」については「完璧な配合」を参考にして下さい。

見事な配合が成立しない種牡馬

ネオユニヴァース

上画像は種牡馬「ネオユニヴァース」の血統表です。 ネオユニヴァースは「見事な配合」の対象となる系統に初期状態では種牡馬が存在しない「12~15」が2種類以上あります。

このように、「12~15」が2種類以上ある種牡馬は、初期状態では「見事な配合」の成立が不可能です。 ただし、新たな種牡馬を生産できれば一応可能性はあります。 ですが、限りなく0に近い確率です。

見事な配合を成立させる方法

D
見事な配合一覧(種牡馬)
E
面白い配合一覧(種牡馬)
G
面白い配合一覧(繁殖牝馬)

種牡馬から3段階で「見事な配合」を成立させるための手順です。 上のDEGのページで「見事な配合」と「面白い配合」の対象となる番号を確認して成立させる方法です。 ただし、3段階でも成立できる種牡馬は非常に少なく、さらにクロスも考える必要があるので難しいと思います。

  1. Dで「見事な配合」の対象となる系統に「12~15」が1種類以下で、血統内に速力、短距離、底力が2つ以上ある種牡馬を選び、対象となる番号とクロスさせたい血統効果をメモする【種牡馬Q
  2. Eで1番左と左から3番目の番号が種牡馬Qでメモした番号が含まれていてクロスしたい血統が3代前までにある種牡馬を選ぶ【種牡馬V
  3. Eで1番左の番号が種牡馬Vの1番左と左から3番目の番号と異なり、種牡馬Qでメモした番号が含まれていてクロスしたい血統が2代前までにある種牡馬を選ぶ【種牡馬W
  4. Gで1番左の番号が種牡馬Vの1番左と左から3番目の番号、種牡馬Wの1番左の番号と異なり、種牡馬Qでメモした番号が含まれており、且つクロスしたい血統が2代前までにある繁殖牝馬を選ぶ【繁殖牝馬X
  5. 種牡馬W×繁殖牝馬Xで牝馬を生産する【繁殖牝馬Y
  6. 種牡馬V×繁殖牝馬Yで牝馬を生産する【繁殖牝馬Z
  7. 種牡馬Q×繁殖牝馬Zで「見事な配合+インブリード」が成立

種牡馬V種牡馬W繁殖牝馬Xのいずれかに、種牡馬Qとクロスさせたい血統があればOKです。 全てに血統がある必要はありません。 自分で書いていても少し複雑に感じたので、クロフネの場合を例にして、以下でもう少し簡単に説明します。 全2段階で「見事な配合+インブリード」が成立します。

クロフネ

上画像はクロフネの血統表です。 「見事な配合」の対象となるのが「7・3・3・4」となります。 「7・3・3・4」が2つ含まれていて、速力の血統になるBold Ruler、Never Bend、Nearcticのいずれかが3代前までにある繁殖牝馬をGで探します。 「4・9・3・9」のピンクパフュームが3代前にBold Rulerがあり、配合した時に残る系統は1番左と左から3番目なので「4・3」でこれに該当します。

「4・3」は決まったので、残りは1番左と左から3番目が「4・7」か「3・7」の組み合わせで、3代前までにクロフネと何かしらのクロスができる種牡馬をEで探します。 該当する馬はカルストンライトオとサニングデールしかいません。

両方とも似たような血統ですが、今回は「7・4・3・6」でRobertoが3代前にあるカルストンライトオを選択します。 カルストンライトオ×ピンクパフュームで牝馬を生産します。

この牝馬は「7・3・4・3」となり、クロフネを種付けすると「見事な配合」とBold Ruler+Robertoのクロスが成立します。 この場合は繁殖牝馬から探しましたが、種牡馬からでも同じ結果になります。

© 2021 derbystallion-gold.com