ダービースタリオンGOLD攻略 最強配合

ダービースタリオンGOLD(ダビスタゴールド)のインターレースでも活躍できる、怪物級の超大物を生産するための「最強配合」のポイントです。 あまり初心者向きの内容ではありませんが、これを理解すると配合の幅が広がり、正直、イマイチのダービースタリオンGOLD(ダビスタゴールド)を少しだけ楽しく遊べるようになると思います。 また、もっと手軽にG1クラスを生産したい場合は、以下のページを参考にして下さい。

最強配合について

ここで言う最強配合とは「G1を勝てる馬しか誕生しない配合」と考えて下さい。 「G1を勝てる馬しか誕生しない配合=当たりを引けば怪物(超大物)」だと思っているので、それを踏まえた上でお読み下さい。
「G1を勝てる馬しか誕生しない配合」は不可能ではありません。 ですが、現実的な目安は50%前後です。 これは、スピード値を正確に計る方法がないためです。 どんなにスピード値の高い繁殖牝馬を生産しても、その数値の目安は曖昧なスピードコメント(以後スピコメ)のみです。 例えば、スピード値の限界値を100と仮定した場合、70でスピコメが出た馬と90で出た馬とでは、繁殖後の配合の土台となるスピード値に大きな差があります。 なので、誕生する馬の能力にも大きな差が出ます。 90の馬を繁殖牝馬にして効果の高い配合をすれば、G1クラスが誕生する確率が100に近くなりますが、70の馬だとその確率は半分以下だと思います。 なので、スピコメが出るギリギリのラインの馬でも、50%の確率でG1クラスが誕生する配合をすれば、100%になる可能性があります。 なお、スピード値が重要なのは繁殖牝馬です。 種牡馬で重要なのは「底力・安定・実績」となります。 ただし、Aが最もよいということではありません。 ベストは「底力A・安定C・実績A」となります。 ですが、これに該当する種牡馬はステイゴールドとマンハッタンカフェしかいないので、最強配合を目指すのであれば、自分で種牡馬を生産する必要があります。

最強配合の考察

私の考える「最強配合」は2パターンあります。 ひとつ目は、自家生種牡馬と自家製繁殖牝馬の配合で「完璧な配合」を成立させることです。 簡単に言うと、以下の条件を満たす配合をすることです。

W 「見事な配合」の成立で「完璧な配合」になる底力B以上の種牡馬を生産。
X G1を勝てる馬の実力のある繁殖牝馬を底力B以上の種牡馬で生産。
最強配合A 「種W×繁X 」で「完璧な配合+速力3本以上・底力2本以上のクロス」が成立。

そして、ふたつ目は、スピード値が70以上の繁殖牝馬(かなりの良血など)と「完璧な配合」が成立する種牡馬を生産することです。 簡単に言うと、以下の条件を満たす種牡馬を生産することです。

Y 底力B以上の種牡馬を生産。
Z スピード値が70以上の繁殖牝馬。
最強配合B 「種Y×繁Z 」で「完璧な配合+速力3本以上・底力2本以上のクロス」が成立。

Bはモイラ、アメリカンチェリーなどの既存の繁殖牝馬を基準にして、配合を考える方法です。 ただし、現実的ではありません。 理由は、血統内にクロスさせやすい速力の効果がある祖先が3以上あり、スピード値が70以上の繁殖牝馬がフォーレターワーズくらいしかいないためです。 ですが、スピードの条件を50以上、クロスの条件を2本ずつ、配合理論を「見事な配合」にすれば、非常に簡単に成立できます。 最強配合とは言い難い内容になってしまいますが、効果はそれなりに高く、スピード値54のキセキノキズナで実行した場合、50%近い確率でG1クラスが誕生したこともあるので、意外に使える方法だと思います。
余計なことも色々書いてしまいましたが、結論から言うと「Aを考えて種牡馬と繁殖牝馬を生産」していくことが、最強配合への近道だと思います。 このAを実践しているのが、以下のオススメ配合です。 とくにハーツクライの配合は、速力のクロスが5本発生するので、破壊力抜群です。 ただし、難易度が高いので、実現可能な配合例とは言い難いです。 なので、最初に試すなら、この中では簡単な部類に入るアグネスデジタル、アルデバラン、シンボリクリスエスの配合がいいと思います。

また、以下のバゴの配合もG1クラス以上が誕生する確率が非常に高いです。 この配合は「見事な配合」しか成立していませんが、Bに近い配合をしています。 全2段階なので効率的で、そして簡単です。

最強配合には欠かせないビーアンビシャス

「面白い配合」の対象系統が4種類で構成されている種牡馬は、「なかなかの馬」のビーアンビシャスと「面白い配合」が成立する確率が非常に高いです。(3種類でも可能な種牡馬は多数います) ビーアンビシャスは発生する可能性のあるクロスが速力しかありません。 アウトブリードの場合は、母似になれば必ずスピード(速力)の効果が伝わるので、「面白い配合」さえ成立してしまえば、インブリード、アウトブリードのどちらでもG1クラスが誕生する可能性があります。 この配合で生産した種牡馬は、「見事な配合」の成立で必ず「完璧な配合」になるので非常に使えます。 そして、その種牡馬の「見事な配合」の対象系統には、ビーアンビシャスの父母父(4代前の4系統の上から2番目)と母母父(4代前の4系統の上から4番目)の「Na・He」が必ず含まれます。 父母父と母母父のどちらかに「Ne」がある種牡馬と配合すれば、「見事な配合」の対象系統に「Na・Ne」が含まれることになるので、「Na×Ne」のアグネスデジタルを繁殖牝馬を生産する時のシメで使えば、必ずIn RealityとRaise a Nativeのクロスを発生できます。 「Ne」がない場合や「面白い配合」が成立しない種牡馬でも、ビーアンビシャスと配合する前に別の繁殖牝馬と配合して、無理矢理成立するように新たな種牡馬をつくってしまえばいいので、ある意味どの種牡馬でもこの方法は使えます。 さらに、サンデーサイレンスの血を入れることができれば、「見事な配合」の対象系統に関係なくサンデーサイレンスは繁殖牝馬に血を入れることが可能なので、In Reality、Raise a Native、サンデーサイレンスで「速力3本・底力2本」のクロスを発生できます。 ただし、この方法は「完璧な配合」とクロスの本数に関しては、完璧に近い内容の配合にできますが、配合相手の繁殖牝馬のスピード値が上がる配合も考える必要があるので、簡単ではありません。
以下のゼンノロブロイ、ハーツクライのオススメ配合は、ビーアンビシャスを使って「完璧な配合」を成立させた例です。 よく意味がわからない人は、この配合例の方がわかりやすいかもしれません。

「完璧な配合」の必要性

ABでは「完璧な配合」を推奨していますが、クロスの本数が多いのであれば「見事な配合」でも十分だと思います。 ただし、以下の条件を全て満たしている場合に限ります。

  • 繁殖牝馬の父が「底力A」の場合。(自家生産の繁殖牝馬の場合)
  • 種牡馬のパラメータが「底力B以上・安定B以下・実績B以上」の場合。
  • 速力3本以上+底力3本以上のクロスが発生する場合。

この条件を満たしているのであれば、「見事な配合」でもコンスタントにG1クラスを生産できると思います。

ダービースタリオンGOLD(ダビスタゴールド)攻略

配合

最強配合