ダービースタリオンGOLD攻略 ブラックホークのオススメ配合

1999年にスプリンターズステークス、2001年に安田記念を制した「ブラックホーク」を使った、ダービースタリオンGOLD(ダビスタゴールド)のオススメ配合です。(全2段階)
Bold Rulerのクロスしか発生しませんが、「完璧な配合」が成立するので、G1クラスの生産も可能です。 ただし、ブラックホークの「安定C」の影響で、極端に能力の低い馬の方が多く誕生します。 完全に一発狙いの配合例ですが、全2段階と効率的なので、実行する価値はあると思います。

ブラックホークの詳細
種付け料 距離適性 成長型 ダート 底力 安定 気性 体質 実績
80 1200~2000 晩成 C C B B B
ブラックホーク ダービースタリオンGOLD(ダビスタゴールド)攻略
ブラックホークのオススメ配合
難易度 誕生する産駒のレベル 最終的に成立する配合理論
オープンクラス~G1クラス 完璧な配合+速力1+ダート1

「見事な配合」の成立と同時に「完璧な配合」になる種牡馬なので、後はクロスを何本発生できるかです。 ですが、速力のクロスで発生可能なのがBold Rulerのみで、それを発生させると他のクロスが不可能でした。(2段階の場合) なので、G1クラスが誕生したとしても、スピードのみの競走馬になると思います。

必要な種牡馬・繁殖牝馬
馬名 評価 安定 底力 SP ST
ブラックホーク - C C - -
ロードアルティマ - B C - -
ベルリンブルー なかなかの馬 - - 60 54
配合の手順
  1. A「ロードアルティマ」×「ベルリンブルー」で牝馬を生産。
  2. B「ブラックホーク」×「Aで生産した牝馬」で完成。

G1クラスを生産するには、できるだけ能力の高い馬をAで生産する必要があります。 さらに、ブラックホークの「安定C」を利用して、当たりを引かないと難しいです。 当たりを引く確率を上げるには、Aでスピードコメントが確認できる馬を2頭生産して、Bの生産数を増やすことです。 なので、できるだけ産み分け(上※1参照)して効率を上げて下さい。

各段階で生産する馬の条件
配合段階 各段階での条件
1 A スピードコメント(上※2参照)が確認できる馬(重賞クラス以上)
2 B G1クラス
成立する配合理論
配合段階 成立する配合理論 クロス効果
1 A 面白い配合+アウトブリード -
2 B 完璧な配合+インブリード 速力+ダート
発生するクロス
発生する段階 血統名 効果
B Bold Ruler 速力/ダート

ダービースタリオンGOLD(ダビスタゴールド)攻略

配合

ブラックホークのオススメ配合